×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




失敗しない健康食品を選ぶ9つの
チェックポイント!!


      6.きちんと溶けるように作られているか?      


健康食品の「質」を決める要素の1つに、

「どれだけ私たちの体内(細胞)に吸収され、有効利用されるか!」


ということがあります。

各種栄養素を豊富に含んでいることは当然ですが、健康食品が体内でしっかり溶けなければ私たちの体(細胞)は栄養素を吸収することができず、健康食品の効果を期待することができません。

アメリカの健康食品の優れている点を挙げると、

消化管に入って何分以内に溶けなければならないという

「崩壊基準」


というものがあります。

ところが、日本国内で作られるもので、崩壊基準があるのは医薬品だけです。
心配な人は、まずい錠剤の健康食品を噛んで食べるしかないでしょう。

崩壊基準などで選べばアメリカの健康食品が良いと言えるでしょう。(アメリカは日本と違って国民皆保険でないため、自分の体は自分で管理する社会です。そのため健康食品のレベルが上がっています。)

試しに、現在摂っている健康食品があれば、36℃〜38℃ぐらいのぬるま湯につけてみてください。

20分たっても溶けないようでは、体内に吸収されにくいという事です。


折角摂っている健康食品なのですから、吸収が悪いより、しっかり摂った分が吸収される方が良いですよね。




【次へ】

<最初へ>




Copyright - © T&G 2007,2008 All Rights Reserved