×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




失敗しないサプリメントを選ぶ9つの
チェックポイント!!


      5.どのような加工方法で作られているか?      


日本の多くの健康食品は、大量生産・低価格化を実現するために、製品の製造過程において

「高温加熱処理」
をしているため、

大切な各種栄養素を失ってしまっていることがあります。

55℃以上の加熱処理は、ビタミンなどの大切な栄養素や有益な酵素を破壊してしまい、その有効成分の60%を空中離散させてしまうと言われています。

酵素などの栄養素は、とてもデリケートなのです。
高温加熱処理によって大切な各種栄養素や有益な酵素が破壊されてしまった健康食品では、いくら一生懸命摂取しても全く意味がないことは明白ですね。

目安の1つとして、見た目でも大体の判断ができます。

いろいろな栄養素が入っているのに錠剤の色が均一なら怪しいと思っていいでしょう。
熱処理をして溶かして固めた証拠です。

低温処理しているものは、見た目もまだらです。

健康食品がキレイな白や、黄色一色をしている必要がありますか?

これは熱処理と共に着色料も入っている可能性があります。

(※天然色素ならまだマシですが。それでも加熱工程は避けられません。)



【次へ】

<最初へ>




Copyright - © T&G 2007,2008 All Rights Reserved